I 様邸木工事中

2017.06.06

このところ、朝晩は肌寒いくらいの日が続いていますね。
現場の職人さんにとっては、作業しやすい陽気といえるかもしれません。

今日の I 様邸では、幅木を取り付ける作業が進められています。
幅木とは床から壁が立ち上がるところに、壁面に沿って貼りめぐらされている
部材です。役目はいくつかあります。掃除機や家具などがぶつかる衝撃から
壁をまもったり、壁と床とのとりあいの隙間を覆ったり、またデザイン性という
視点でも大切な材料です。

IMG_3740.JPG

上の写真は階段横の壁の下部です。
ちょっと注目していただきたいのは、この壁と幅木の角のアールです。
何かとダメージを受けやすい壁のコーナー。そのダメージをやわらげる
ために、キヨタハウズの家は壁と幅木の角をきれいに面取りしています。
そしてこの上にクロスが貼られると、高級感のある壁が仕上ります。

目立たないところですが、大工さんは手間を惜しまず、何度も材料を刻んでは
試し、微調整を繰り返して丁寧に仕上ています☆

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム