« 2017年02月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  
  •  
  •  
  •  
2017年02月13日

『KURO MUKU』(WOODONE)

2017.02.13

黒いアイアンのフレームと無垢の木。
力強さとやさしさを融合させたウッドワンの『KURO MUKU』シリーズをご紹介
します。

古くから建築のプロに愛されてきた『黒』は、空間を引き締め、強さを演出します。
そこに組み合わされる無垢の木で、空間にプラスされるのはやわらかさと包容力。
そんな不思議な感性をアクセントにしてみませんか?

ZCSG351-2_0027.jpg

進行中のT様邸では、リビングのカウンター上にこの『KURO MUKU』の棚を施します。
きっと、センスの際立つ収納になることでしょう。

ZCSG351-2_0008.jpg

キッチンやTVボードなどのラインナップもあり、トータルでコーディネートするのも
スタイリッシュですてきですね☆

Google +1
2016年09月09日

キヨタのおすすめその⑥『無垢の木の洗面台』(ウッドワン)

2016.09.09

ちょっと贅沢に、洗面台にこだわってみてはいかがでしょう。

~無垢の木のぬくもりを感じる洗面台~
ウッドワンのキッチン≪su:iji≫と同じように、水まわりが
あたたかさとやさしさにつつまれます。

標準仕様のLIXILの≪ピアラ≫は、全体的にすっきりとした
デザインで、パネル色や形の組み合わせのバリエーションが
豊富なのが特徴。

一方のウッドワンの無垢の木の洗面台は、鏡、カウンター、
ボウル、水栓、取っ手まで、こだわりのアイテムで自由に
カスタマイズしていく楽しさが特徴です。

キッチンにも使用されている素材ですので、お手入れも
らくらくです。

素材感を生かした、お好みテイストを探してみてください♪

senmen-3.jpg

Google +1
2016年08月19日

キヨタのおすすめその⑤『デザインウォール』(WOODONE)

2016.08.18

mokuzairiyoupoint.jpg

2016.08.18-2.jpg

キヨタハウズでは、日頃から無垢の木のぬくもりを
目や肌で感じられる素材をお客様にご提供させて
いただいています。

材質はもとより、家づくりには意匠性もたいせつですね。
そこで今回は、ここぞ!という空間にあたたかさと
高級感をプラスする、ウッドワンの無垢の内装材
『デザインウォール』をご紹介します♪

無垢のパイン材に凹凸で模様をつけた内装材で、
9つのデザインからお選びいただけます。

壁の一部に貼ることで、それ自体がアクセントにもなり、
また、その壁を背景にして絵やオブジェを飾っても、
決して邪魔をせず、高級感をプラスしながら
引き立て役にもなることでしょう。

照明でさりげなく照らして、陰影を楽しむのも素敵です。

人気のTVドラマのセットにも使われたのだそうです☆


Google +1
2016年08月09日

キヨタのおすすめその④ニチハの外壁材『Fuge』

2016.08.09

Fuge-1.jpg
家の外壁材としてすっかり定着しているサイディング。
サイディングはとても進化していて、光触媒などで
キレイで長持ちすることがメリットといわれています。
デザインも豊富ですが、仕上がったときの継ぎ目が
気になるというお声も少なくありません。

そこで、キヨタハウズでは、ニチハの新しい外壁材
『Fuge(フーゲ)』をおすすめします。

特徴は・・・
●サイディングの継ぎ目にシーリング目地が入らないので
 目立たない
●出隅や入隅、サッシなどのまわりもすっきりとした仕上がり
●超高耐候『プラチナコート』できれいが長持ち。
 再塗装を最大30年先に延ばせることができ、
 長い目でみるととても経済的です。

上質な仕上がりが長持ちする『Fuge』。
リフォームなどでもぜひお問い合わせください♪


Google +1
2016年06月14日

キヨタのおすすめその③リビングに≪ハイドア≫WOODONE

2016.06.14

o0720102913143316752.jpg

リビングのドアをワングレード アップしてみませんか?

リビングは、家族が集ったり、お客様をお通ししたり、
とても大切な空間ですね。
その大切な空間への入口を、天井まで届く高さのドアに
してみてはいかがでしょうか。

背の高いドアには、空間の高さを強調して開放的に演出する
効果があります。しかもウッドワンの『天井ジャストシリーズ』の
ハイドアは落ち着きと高級感がプラスされます♪

余談ですが、カーテンも同じで、窓枠よりも高いところに
レールを取り付けて吊るすと、縦長効果で部屋全体に広さを
感じることができます。

お気に入りの空間づくりのヒントになさってみてください(^^)


Google +1
2016年05月28日

おすすめキッチン『クリンレディ 流レールシンク』(クリナップ)

2016.05.28

『ナチュール・エフ』では、主にLIXILとWOODONEのキッチンを
ご提案させていただいておりますが、今回はクリナップのキッチンの
中で、とても機能的なシンク『流レールシンク』をご紹介します♪

お料理中や食後のお皿洗いのときにシンクに溜まってしまいがちな
ごみを、その使用している水を科学的に利用して、きれいに
集めながら排水口に流していく・・・という、おどろきの新機能です。

秘密は、シンクの底面の勾配とシンクまわりの溝(レール)。
このシンクの形状から生まれる水流に押されて、ごみもきれいに
排水口に流されていきます。

0259_cleanlad_0014.jpg

そしてさらにおどろきなのは、自動洗浄するレンジフード『洗エール』。
ボタンひとつで、3つのステップでファンとフィルターを自動洗浄します。
0259_cleanlad_0020.jpg 0259_cleanlad_0021.jpg


いまやキッチンはリビングやダイニングの一部。
汚れを溜めずにきれいを保つクリナップのキッチンで、毎日毎食の
仕事の手間が軽減されて、しかも節水や時短につながることは、
主婦にとってうれしい限りですね(^-^)

Google +1
2016年03月15日

キヨタのおすすめその②Vietas(ヴィータス)でモノの居場所を考える収納

2016.03.15

s-vietas03.15-2.jpg  s-vietas0305-1.jpg

暮らしをとりまくたくさんのモノたち。

家族のあり方や考え方で、モノたちと上手につきあって
いくために、モノの”居場所”や”距離感”を考えてみませんか?

見せる収納とすっきりしまう収納。
手が届くところにほしいものとそうでないもの。

ストレスフリーな毎日にするために、自在に
組み合わせる収納『Vietas(ヴィータス)シリーズ』で、
お客様のニーズにお応えします。

住まい全体の収納を、≪見せる≫≪使う≫≪しまう≫
のかたちで、納得の仕上がりです☆

Google +1
2016年02月01日

キヨタのおすすめその①次世代に受け継がれる≪長期優良住宅≫

2016.02.01

0201-1.jpg
≪長期優良住宅≫は、次世代に受け継がれる100年住宅とも言われています。
これまでの日本の住宅寿命は平均30年。欧米の住宅寿命に比べると約半分です。
国は、長寿命の家の普及と支援を目的に、2009年に長期優良住宅の認定事業を
スタートさせました。


長期優良住宅には認定基準があり、それに適合した住宅は税制優遇や金利軽減などの
措置を受けられるメリットがあります。

0201.jpg長期優良住宅の認定基準

メリット
①所得税の住宅ローン控除
(例:居住開始が平成25年の場合)控除対象限度額が一般住宅で2,000万円のところ長期優良住宅では3,000万円となります。
10年間の最大控除額は一般住宅で200万円のところ、長期優良住宅では300万円となります。

②所得税の投資型減税
標準的な性能強化費用相当額(上限500万円)の10%相当額をその年の所得税から控除できます。
また控除額がその年の所得税額を超える場合は、翌年に控除できます。

③登録免許税
所有権の移転登記、保存登記の登録免許税が軽減されます。

④不動産所得税
一般住宅で1,200万円の控除ですが、長期優良住宅では1,300万円の控除となります。

⑤固定資産税
一般住宅でも1/2に軽減されていますが、軽減期間が一般住宅で3年のところ、長期優良住宅では5年となります(一戸建ての場合)。

またフラット35S(住宅ローン)の基準金利から引き下げられる優遇措置もあります。

家が長持ちすることは、廃棄物抑制による環境への配慮と、住む人の経済的な負担の軽減につながるのですね。

長期優良住宅にするための性能強化費用と、受けられる優遇措置を総合的にみて、一度ご検討
されてはいかがでしょうか(^-^)

Google +1
2015年12月22日

オプションその⑦こだわりのアクセサリー

2015.12.22

20151222145040_36.jpg  20151222150037_128.jpg

『ナチュール・エフ』が標準としている仕様は、
優れた性能や機能とコストを重視して、ひとつひとつ
選ばれたものです。

お客様によっては、さらにデザイン性をお求めになります。

ドアノブやドアストッパー、タオルリングなどのさりげない
アイテムにこだわって、スタイリッシュにグレードアップする
こともできます☆

ほんの一例ですが、左の写真は磨きあげられた素材に
レザーをほどこした贅沢なドアノブ。右はドアストッパーです。
(KJ製)
あこがれてしまいます・・・。

こだわり方はお客様それぞれですが、「標準仕様」に固執せず、
その思いにお応えできるようご提案していきます♪

Google +1
2015年11月24日

オプションその⑥無垢の木の収納

2015.11.24

ZCSG278-3_0026.jpg  ZCSG268-2_0001.jpg

『ナチュール・エフ』で標準仕様となっている無垢の床とシステムキッチン。
これと同じ風合いの、無垢の木材を使った収納棚や家具で
ほっこりあたたかみのある空間をつくりませんか?

たとえば〔みみ〕と呼ばれる、木そのものの自然な形状と木の目を生かした
無垢材の棚板を使うと、この個体差が空間にぬくもりを添えてくれます。

ご新築を機会に家具を新調されるお客様も多くいらっしゃいます。
お気に入りの家具をご用意されるのもいいですね。
既成のものでは希望に合わない・・・とか、収納の機能やデザインにも
こだわりたい・・・などのご要望には、床やキッチンと同じ素材を使って、
まるでオーダーメイドのように、自由な組み合わせで収納をデザインする小技も
ご提案しています。

お気軽にご相談ください♪

Google +1