« 2019年08月
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
2019年03月27日

ガーデニング

2019.03.27

菜の花が綺麗に咲き誇るなか
入園・入学・入社の迎える時期に見ごろとなる
「桜」も、栃木市ももう間もなくではないでしょうか。

まもなく新年度のスタート。
普段よりも少し慌ただしい時間が流れやすい時期に
ふと咲き誇るお花を見るとホッと心が穏やかになります。

桜が散り始める季節、昼間の気温が上がってっくると
本格的なガーデニングシーズンの到来です!

IMG_4224-thumb-500x500-23074.jpg

4月は、冬~春苗と初夏~秋苗の
2つのグループの苗が園芸店に同時に並ぶ季節。

豊富な種類の植物を一度に見られるのはうれしいですが
ひとつの鉢に寄せ植えをする際には気を付けたいことがあります。

同じグループの植物を選べば、花が終わる時期も似ているので
寄せ植えごと処分することができますが、
6月ごろまでの開花の花と、10月ごろまで開花する花を
ひとつの鉢に寄せ植えると、6月に一部分が枯れるので
部分的に抜いたりする作業が必要です。

植物は、植えてしばらくすると、根が絡まりあってきます。
まだ元気な植物の根を傷めないようにしながら
終わった苗を処分するのは、なかなかな作業となります。

そのため、それぞれの植物がいつまで開花する植物かを
知ることは寄せ植えづくりにはとても大切なポイントです!


できるだけ省メンテナンスで長く楽しみたい方は
開花期間を調べてみてくださいね!!


Google +1
2019年03月19日

LED

2019.03.19

もうすぐ春分の日ですね。
桜の蕾も膨らみ始めて開花間近です。


b75e24eb0404e9706af709430e9cf05b4c16ed2f.jpg


昨年同様今年もちょうど春分の日に開花が濃厚とのこと。
開花の予想には「600度の法則」というのが用いられるそうで
その年の2月1日以降の最高気温を足し算していき
累計温度が600度を超えた日に桜が開花するというもので
今年は3月21日が予定日と算出されます。

皆様もお花見の準備をしているところでしょうか。
午後の穏やかな日の光を浴びている桜も美しく
夕暮れには表情が変化していき魅力であふれるのが夜桜となりますね。
夜空にライトアップされた花びらのピンクがより一層濃くなり際立って見えます。

まさに幻想的で美しく妖艶な光景。

近年はLED照明によるライトアップの技術も進化していて
さらなる夜桜の楽しみ方が広がっていくことが期待されます。

普段の暮らしに置き換えると、ご自宅で過ごす日常のワンシーンも
照明の使い方1つでより素敵なものになりますね。

照明器具も今ではオシャレなものも多く出ているので
1か所変えて、お部屋の雰囲気を変えられてみてはいかがでしょうか。

61fK5ZTs7FL__SY355_.jpg


Google +1
2019年03月15日

栃木市「うずまの鯉のぼり」

2019.03.15

いよいよ巴波川で
「うずまの鯉のぼり」を見れる時期になりました。

毎年早朝から取付作業をされているのを見ると
本当に有難く感謝の気持ちでいっぱいになりますね。

気候も良くなってきたので、栃木市散策をしながら
美味しいお店めぐりなどをされてみてはいかがでしょうか。

src_10237522.jpg

Google +1
2019年03月07日

手摺り

2019.03.07

雨が続いていますが
肌寒さが和らいだ気がいたします。

暦の上ではすでに春を迎えましたが
少しずつ気候も春になってきましたね。


さて、ご自宅に手摺りは何ヵ所ついていますか?
階段、浴室、トイレなど多くの場所で目にする手摺り。

弊社の多くのお客様からも
「生活していく上で手摺りが必要なの」と
お声掛け頂き取り付けさせて頂いております。

実際、私もまだ子育て世代ですが
手摺りがあって本当に良かったと思います。

私は、玄関ホールにI型手摺りを取付て頂きました。
きっかけは高齢者が靴を脱ぎ上がる際の為でしたが
妊娠中や抱っこ紐などで足元が見にくいときなど
あって良かったなと思いました。

機能性はもちろんデザイン性にもすぐれたものが多いので
年齢関係なく、お子様からお年寄りまで家族みなさまと一緒に
お使いになれるものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

LY2beXksSG.jpg

Google +1
Google +1