« 2020年08月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年05月14日

コーディネート・ポイント

2019.05.14

コーディネートで統一感を出すために鍵となるのは
色の明るさ「トーン」にあります。

例えば同じ色でもペールトーンという薄い色合いから
グレイッシュトーンというくすみがかった色がありますよね。

同じ色でトーンが違うのはグラデーション効果が出て
相性が良いのですが、違うトーンの色の組み合わせだと
統一感が出にくく物があふれているような印象に。

色合わせを考えるときは
明るさや鮮やかさを揃えるとコーディネートがしやすいでしょう。

まず、同じ色でトーン(濃淡)の違う組み合わせを
ベースにすることでインテリアがまとまりおしゃれな印象を与えやすくなります。

グレートーン・ホワイトトーン・ベージュトーンと
どの色でも良いので好きなカラーの基本色をまずは決めましょう。

基本の色が決まったらそこに好きな色を足していきます。
色数が多くなると賑やかで元気なイメージに
少ないとすっきり落ち着いたイメージになります。

素材も、異素材であっても複数ずつ投入することでグループができあがるので
まとまり感が出てバラけた印象を回避することもできます!


インテリアに統一感を持たせるには、
家具のテイストや色も揃えたほうがうまくいきます!こ

例えば、白を基調にしソファやテーブルの素材が揃えてみます。
そうすると、たくさん家具があってもまとまって見えます。

20482352_333195453788011_2513918858851516416_n.jpg


Google +1
Google +1