« 2022年11月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
2021年07月16日

o0600040013673750834.jpg

〇暮らすこと

夏のお洗濯での注意項目

①直射日光で干すこと
夏は1年のなかでもとくに日差しが強い季節なので
陰干しする必要がある洗濯物を
うっかり日光に当てて干さないようにしましょう
また、陰干しが指定されていない衣類だったとしても
素材が麻や木綿、絹といった天然素材の場合は陰干しするのがおすすめ
これらの素材は直射日光を浴びてしまうと生地が傷んでしまう可能性が高い
また、色・柄物も日光に当たると色落ちや変色を起こす可能性が
大切な衣類を外に干す場合は裏返して干すことでダメージを緩和できることも


②洗濯物をためこむ
ご存じのとおり、夏の衣類は特にたくさんの汗を含んでいます
汗をたっぷり吸い込んだ衣類を長時間放置しておくと
汗ジミが残ったり、臭いが素材にしみ込んだりしてしまいます
時間を置かずに、少量でも洗濯するように意識することが
衣類を長持ちさせるポイントですが
「少量洗濯するのはやっぱりもったいない……」という方は
家の中に洗うものがないか確認してみましょう
枕カバーやシーツなど、意外と見つかるはずですです


③洗濯機を洗濯カゴカゴのようにつかう
脱いだ服を洗濯機の中にためておくのはよくありません
通気性の悪い洗濯機の中に、汗や汚れのついた衣類
水分を含んだタオルなどを入れておくと爆発的に菌が増殖します
夏は気温も湿度も高いので菌の増殖スピードがより一層速くなります
通気性のよい洗濯カゴはマストアイテムです