« 2020年07月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2020年01月06日

七草粥

640_-3.jpg

お正月「松の内」最後の日に当たる1月7日は
春の七草ですね。

明日の朝食には無病息災を願って七草粥を...


今日は、七草のもつ意味をご紹介させていただきます。

芹(せり)=「競り勝つ」
解熱効果や胃を丈夫にする効果
整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など
様々な効果があります。


•薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」
別名をぺんぺん草といいます。
利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち
胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。


•御形(ごぎょう)=「仏体」
母子草ははこぐさのことです。
痰や咳に効果があり、のどの痛みもやわらげてくれます。


•繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
はこべとも呼ばれます。
昔から腹痛薬として用いられており
胃炎に効果があります。
歯槽膿漏にも効果があります。


•仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
一般的に、子鬼田平子こおにたびらこを指します。
胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。


•菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」
蕪かぶのことです。
胃腸を整え、消化を促進します。
しもやけやそばかすにも効果があります。


•蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」
大根のことです。
風邪予防や美肌効果に優れています。
※七草粥には、菘と蘿蔔は葉の部分を
薺は花芽を持つ前の若芽を利用します。


このように
七草には体にいい効果がたくさん含まれているんですね。

Google +1

ページの先頭へ

Google +1