« 2019年10月
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
2019年07月19日

家事動線

2019.07.19

「動線」という言葉を耳にされる機会があると思います。

これは、建物の中などで人が移動するときにたどるルートを線で示したものを指します。
日常生活でたどるルートを「生活動線」
家事をするときにたどるルートを「家事動線」といいます。

これらの動線が長かったり複雑になっていたりすると
暮らしの中で大きなストレスになります。

例えば、洗濯の一連の作業が次のようなルートをたどるケース。
洗濯カゴを脱衣所から屋外の洗濯機へ運び
洗濯した物を2階のベランダに干し
取り込んだ洗濯物を1階のリビングで畳み
畳んだ洗濯物を2階の寝室やクローゼットに運ぶ。

やや極端な事例ではありますが
実際こうした無駄の多い動きをしている方は少なくありません。

複雑な動線をたどっていても
それが日常的になると特に違和感を覚えなくなります。

でも、それが無駄に時間と体力を消耗し
気付かぬうちにストレスとして蓄積されていくことがあるのです。

動線を根本的に変えるには、間取りの見直しが必要ですが
工夫次第で改善できる場合もあります。

例えば、テーブルやソファといった家具が
日常の動線を妨げているかもしれません。

位置や向きを変えることで歩く距離が短縮され
無駄な動きを減らせることもあります。

物の収納場所も動線に大きく影響します。
これを見直すこともポイントです。

キッチン内でも、調理器具の場所をちょっと変えるだけで
作業効率が大幅にアップするケースがあります。

まずは、生活・家事動線がどうなっているか
チェックすることから始めてみてはいかがでしょうか。


719.png


Google +1

ページの先頭へ

Google +1